革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

出退勤管理の必要性

ビル

出退勤管理とは、社員の勤怠を把握し、管理することをいう。
一般的には出勤時、退勤時のタイムレコーダー等によって管理される。
企業は、これで社員の入出勤を把握・管理するとともに、個人の評価や給与等に反映させるものとなっている。
また、勤怠管理を行うことにより業務過多による過労などを改善することも目的とされている。
このような趣旨や意義をもつ出退勤管理、いわゆる勤怠管理だが、法令等の改正により、社員の労務管理、給与事務等が複雑になってきているのが現状である。
かつての出勤印の押印やタイムカードに替わって、出退勤管理システムを導入する企業が増えてきている。
これはICカードや指静脈を利用して、社員の出勤・退勤の管理、残業手当等を含めた給与計算を自動で行うもので、今後各企業の導入が推進されるものと思われる。

トラック 買取

包茎手術

包茎治療 仙台

ED 仙台

プロペシア 仙台

関連ページ

ほほえむ女性

出退勤管理簿がないと法律違反

出退勤管理、いわゆる勤怠管理だが、これについて直接法律で明記されているものはない。
法律上の義務づけは

複雑すぎる出退勤管理の集計

平成22年4月1日から施行された改正労働基準法はワーク・アンド・バランスを目的としたものである。
内容

出退勤管理とITシステム

改正労働基準法の施行により、時間単位での有給休暇や残業手当に代わる有休取得の取得を、社内ルールとして

適正な労務管理は適正な出退勤管理から

適正な労働環境を提供するのは、企業首脳陣の社員に対する責任である。
今の企業で労務管理に求められている